健康経営 Q&A

シリーズ「新型コロナワクチン」①接種の優先順位とワクチンの種類

こんにちは。メディカルコンチェルトの「中の人」です。


いよいよ接種が始まった新型コロナワクチン。
連日ニュース等で様々な情報が発信されていますが、「任意接種」ということもあり、その判断に悩んでいるかたも多いと思います。

今回は、数回にわたって、「新型コロナワクチンがどういうものか」、そして、現時点でわかっている「特徴」や「有効性・安全性」についてまとめました。

新型コロナワクチンについて、「わかりやすく」「正しい情報」を発信していきたいと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。また、「企業様からよくある質問」についての回答・解説も掲載しておりますので、参考にしていただければと思います。

※注意!!
先日当サイトのQ&Aコラム「新型コロナウイルスワクチンー会社で準備すべきことー」に内容が重複する部分もございます。ご了承ください。

目次

■ワクチンはだれが、どこで、いつ受けられるの?

■ワクチンは無料?有料?

■ワクチンってどういうもの?日本と世界で比べてみました。

ワクチンはだれが、どこで、いつ受けられるの?

①ワクチン接種の優先順位

2021年2月より医療従事者へのワクチン接種が開始されました。接種の優先順位ですが、現在の発表では、
①医療従事者 ②高齢者 ③高齢者以外で基礎疾患を有する方 ④高齢者施設等の従事者となっています。
(令和3年2月15日発表 厚生労働省資料 より)

②接種が受けられる時期

接種の時期については、令和3年2月17日~令和4年2月末日予定とされており、優先順位、地域によって接種開始時期の変動があります。

③接種回数と接種の間隔

ワクチンは「2回接種」が必要です。現在、国内に入荷されているファイザー社のワクチンは、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。

④接種が受けられる場所

原則として住民票所在地の市町村の医療機関や接種会場で接種を受けられます。インターネットで接種を受けられることのできる医療機関や接種会場を探すための総合案内サイトを設置予定とのことなので、市町村からの広報などを確認しましょう。

⑤必要な手続き3STEP

1.市町村から「接種券」と「新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ」が届きます。接種可能時期と接種会場を確認しましょう。

2.電話やインターネットで予約しましょう。

3.接種を受ける際は「接種券」と「本人確認証(保険証や運転免許証)」を持っていきましょう。

ワクチンは無料?有料?

接種は全員「無料」で受けることが出来ます。最近、接種費用に関する振込詐欺が発生していますのでご注意ください。

ワクチンってどういうもの?日本と世界で比べてみました 

では、今回私たちが接種するワクチンとは一体どういうものなのでしょうか。現在、日本では医療従事者を中心に接種が始まっているファイザー/ビオンテック社のワクチンは、「mRNAワクチン」になります。

日本ではファイザー/ビオンテック社の「mRNAワクチン」ですが、他の国ではどうでしょう。ここでは世界のワクチン事情についてまとめてみました。

主な新型コロナウイルスワクチンの開発状況

★承認済み一覧
ファイザー(米国)、ビオンテック(ドイツ)、モデルナ(米国)、
アストラゼネカ(英国)、オックスフォード大(英国)、ガマレヤ研究所(ロシア)、
パーラト・バイオテック(インド)、シノファーム(中国)、
シノバック(中国)、カンシノ(中国)、J&J(米国)

・ワクチンの種類

★mRNAワクチン(ファイザー、アストラゼネカなど)

→新型コロナウイルスは、表面に多数のブロッコリーが突き刺さった様な形をしています。このブロッコリーに当たるものは『スパイク蛋白』といい、新型コロナウイルスが人体の細胞に侵入するための蛋白質です。ワクチンで利用するmRNAとはこのスパイク蛋白の情報の一部でいわば「設計図」にあたります。

mRNAワクチンは、スパイク蛋白の情報の一部であるmRNAを投与しているのです。ワクチン投与後、細胞内でスパイク蛋白のみが作られ、これを目印に免疫の働きによって新型コロナウイルスに対応する抗体が作られます。

★ウイルスベクターワクチン(ロシア、J&Jなど)

→ヒトに対して病原性のない、または弱毒性のウイルスベクター(運び手)に抗原たんぱく質の遺伝子を組み込んだ、組み換えウイルスを投与するワクチンです。ウイルス自体が細胞に侵入し、細胞質で抗原たんぱく質をつくり出すことで、抗体によりウイルスを排除する「液性免疫」と、免疫細胞の1つであるキラーT細胞などにより排除する「細胞性免疫」を引き起こすと考えられています。


不活化ワクチン(中国シノバック、シノファームなど)

→不活化ワクチンは、病原性を無くした細菌やウイルスの一部を使います。生ワクチンに比べて免疫力がつきにくいので、何回かに分けて接種します。代表的なワクチンとしては、DPT-IPV四種混合(D:ジフテリア・P:百日せき・T:破傷風・IPV:不活化ポリオ)、DT二種混合(D:ジフテリア・T:破傷風)、日本脳炎、インフルエンザ、A型肝炎、B型肝炎、肺炎球菌、不活化ポリオなどのワクチンがあります。

大まかに分けて3種類のワクチンが世界で承認されています。

日本ではmRNAワクチンが採用されておりますが、各ワクチン一長一短の特徴があります。

インターネット上ではいろいろな意見があるかと思います。間違った情報に惑わされず、正しい知識でワクチン接種を受けるようにしましょう。

・世界のワクチン接種率

最後に、世界のワクチン接種率を見ていきましょう。

世界のワクチン接種率(少なくとも1回接種した人数割合)

1位:イスラエル 61.57%

2位:イギリス    47.42%

3位:チリ        38.56%

4位:アメリカ    36.13%

5位:カナダ      19.91%
       :
       :

   日本    0.87%

まだまだ日本はこれからが接種本番ですね。

最初にもお伝えしてましたが、ワクチン接種は国の負担で完全に無料です。

こういう時は必ず詐欺が発生します。予約代行や優先接種、ワクチンの確保します。などなど、、、

本当に注意が必要です。

国民全員。必ず接種はできますので、焦らず接種時期と国からの連絡を待ちましょう。

少しでもおかしいなと感じたら、【国民生活センター】へ相談しましょう。

参考資料サイト

資料1 参考サイト 資料2 参考サイト 資料3 参考サイト 資料4 参考サイト

バックナンバー